ガバナーメッセージGovernor Massage

  1. Home
  2. ガバナーメッセージ

ガバナーメッセージ[2016 – 2017年度ガバナー]

2016 - 2017年度 国際ロータリー第2680地区ガバナー 室津 義定
人類に奉仕するロータリー

2016 – 2017年度 国際ロータリー第2680地区ガバナー

室津 義定

いよいよ新しい年度が始まりました。この年度は、ロータリー財団創立100周年に当たり、ロータリークラブの会長および幹事の皆様にとっても、ガバナーである私のとっても記念すべき年です。それぞれの立場でお互いに協力して、ロータリーの目標達成とクラブおよび地区の発展のために頑張りましょう。
これまでの研修の機会にお話しましたが、改めて今年度の国際ロータリーのテーマと目標、ならびに地区活動方針をお話しします。

人類に奉仕するロータリー ROTARY SERVING HUMANITY

ジョーン・ジャーム国際ロータリー会長は、次のように述べられています。
ロータリーは1985年からポリオ撲滅を最優先事項として取組み、1988年からは国際ロータリー、世界保健機構、米国疾病管理センター、国連児童基金を主要パートナーとして世界ポリオ撲滅推進計画を進めています。そして、1985年には、15カ国で35万人以上の子どもが感染していましたが、2015年には、南アジア全域、アフリカ全域がポリオフリーとなり、野生型ウイルスの常在国はアフガニスタン(発症数20)、パキスタン(発症数54)となりました。ポリオ撲滅は目前です。
ポリオフリー後のロータリーは、ポリオ撲滅におけるロータリーの貢献を周知させること、その成功をその後数十年にわたって、他団体との協力、会員増強、より野心的な奉仕活動にどう繋げていくかを考える必要があります。ロータリーのポリオ撲滅における功績を知る人が増えれば、パートナー団体、資金、そして何よりも、さらに多くのよいことの達成を担っていく会員が増えます。新会員を入会させるだけでなく、ロータリー奉仕に積極的に参加できるクラブ、活気があり、「4つのテスト」を真に実践するクラブが必要です。
ポール・ハリスが111年前にロータリーを創設した目的は「価値観を分かち合う人を見つける」ことであり、今日も人々がロータリーに入会する理由となっています。そして、誠実さ、多様性、寛容、友情、平和を信じ、人生の最大の目的は、「人類のために奉仕する」ことだと信じている人々と出会うことです。
ロータリーは変革を遂げ、時代の変化に対応し、前進しています。しかし、ロータリーの奉仕理念は不変です。多様性を強みとするロータリーは、今も「職業分類」を基本としています。高い倫理基準は、時代を超えた価値観であると信じる私たちは、今も「4つのテスト」を壁に掲げています。そして何よりも、ポール・ハリスが信じたのと同じように、人生の最大の目的は「人類に奉仕する」ことだと信じています。このような理由から、2016-17年度RIテーマを、シンプルに、「人類に奉仕するロータリー」といたしました。
ロータリーがさらに前進するためには、意欲と思いやりと知恵にあふれた人たち、ならびに新たなパートナーシップがもっと必要です。リーダーシップの継続性もさらに重視する必要もあります。また、ポリオ撲滅から学んだように、最大限の成果を挙げるためには、皆が共通の方向に進む必要があるからです。人類に奉仕しなければなりません。
重い水容器を頭に載せて運ばねばならない母親たち、学校教育を諦めなければならない少女たち、ポリオにおびえながら生きている子供たちにとって、より良い世界を実現させることが「人類に奉仕するロータリー」の役割です。

2016 – 2017年度ロータリーの目標

RIテーマを実践するために、本年度ロータリーの目標、ロータリー財団100周年の目標、および会長賞が設定されています。地区およびクラブは、それらを指針として、ロータリー活動を実践することが期待されています。

地区重点目標

ロータリーの方針を踏まえて、本地区が取り組むべき喫緊の課題は、ロータリー財団100周年祝賀への取組み、オンラインツールの活用および青少年交換であると認識し、地区重点目標をこれらの3つの分野に特化させました。

  • 財団100周年の祝賀を実施し、ロータリーの公共イメージと認識を高め、ロータリー財団の補助金を利用した奉仕プロジェクト活動を通じて、クラブおよび地区の活性化を目指す。
  • クラブおよび地区が、紙ベースで報告書を提出する代わりに、国際ロータリーのオンラインツールを利用する。すなわち、クラブ会長にMyRotaryへのアカウント登録をしていただき、クラブの目標設定および成果報告を「ロータリークラブ・セントラル」に入力していただく。
  • 青少年交換を持続的に実施するための体制整備を行う。すなわち、青少年交換プログラムの透明化、財政基盤の確立、危機管理体制の整備、ならびに法人化の問題等に取り組む。

地区活動方針

したがって、地区活動方針は次のように要約されます。

  • RIテーマを実践し、ロータリーの目標を達成することを目指して、ロータリー活動を推進する
  • 会長賞に応募できるように、クラブの活動目標を設定し、実践する
  • 地区重点目標を達成する