ガバナーメッセージGovernor Massage

  1. Home
  2. ガバナーメッセージ
  3. 活動方針

活動方針

2016 - 2017年度 国際ロータリー第2680地区ガバナー 室津 義定

人類に奉仕するロータリー

地区重点目標

  1. 財団100周年の祝賀を実施し、ロータリーの公共イメージと認識を高め、ロータリー財団の補助金を利用した奉仕プロジェクト活動を通じて、クラブおよび地区の活性化を目指す。
  2. クラブおよび地区が、紙ベースで報告書を提出する代わりに、国際ロータリーのオンラインツールを利用する。すなわち、クラブ会長にMy Rotaryへのアカウント登録をしていただき、クラブの目標設定および成果報告を「ロータリークラブ・セントラル」に入力していただく。
  3. 青少年交換を持続的に実施するための体制整備を行う。青少年交換プログラムの透明化、財政基盤の確立、危機管理体制の整備、ならびに法人化の問題等に取り組む。

ガバナー諮問事項

ガバナー補佐への諮問事項

  • クラブを年間4回以上訪問し、クラブの現状を把握し、改善すべき問題があれば、ガバナーと協議し、助言および援助を行う
  • クラブ会長がクラブの年次目標を設定し、「ロータリークラブ・セントラル」に円滑に入力できるよう支援する
  • 将来の地区リーダーを探し、その育成を援助する
  • 関係委員会と連携し、ロータリー補助金プロジェクトがクラブ単独、あるいはグループの枠内およびグループの枠外のクラブと協同して実施されるよう支援する
  • 関係委員会と連携し、セミナーおよび地区大会に多数の会員が参加するよう推進する
  • 関係委員会と連携して、ロータリー財団100周年の祝賀を計画し、実施する

地区委員会へのガバナー諮問事項

全委員会共通事項

  • 予算の枠内で事業計画を策定し、事業計画に沿って委員会を運営する
  • RI戦略計画に基づいて地区を運営する
  • ロータリー財団100周年の祝賀を計画し、実施する

戦略計画委員会

  • 地区の青少年交換プログラムの法人化に関する検討を行う

研修委員会

  • ガバナーエレクトおよびガバナーが招集者となる、ガバナー補佐を含め、全ての地区および地区委員会の会合および研修を援助する
  • クラブや地区の指導者および一般ロータリアンの研修を援助する

規定審議委員会

  • 2019年の規定審議会に向けての作業を開始する

財務委員会

  • 地区予算を作成し、地区研修・協議会の少なくとも4週間前までにクラブに提出し、地区研修・協議会において次期クラブ会長から承認を受ける。
  • 収支の正確な記録が維持されていることを確認する

クラブ奉仕委員会

  • クラブ活性化の方策を検討し、各クラブに提示する
  • ロータリー行事および例会への出席を奨励する
  • セミナーを開催する

増強・拡大委員会

  • 会員増強・拡大は、喫緊の課題であることを認識する。
  • 会員増強・拡大を実現するために、ロータリアン、クラブ、および地区が行うべき活動を特定し、目的達成のために行動する
  • セミナーを開催する

公共イメージ委員会

  • ロータリーの公共イメージの向上とブランド化を推進する
  • 地区委員会活動の広報を支援する
  • 各クラブの広報活動を支援する

職業奉仕委員会

  • 職業奉仕活動の指標を確認する
  • セミナーを開催する

社会奉仕委員会

  • 地区補助金を活用した奉仕プロジェクトを推進する
  • 発達障害児のための講演会を実施する
  • プロバスクラブを支援する
  • セミナーを開催する

国際奉仕委員会

  • 地区補助金およびグローバル補助金を活用した国際的な奉仕プロジェクトを推進する
  • 地区補助金およびグローバル補助金による奨学金プログラムを推進する
  • ロータリー平和フェローシップを推進する
  • VTT(職業研修チーム)プログラムを推進する
  • 地区内クラブによるロータリー親睦活動への参加を促すための活動を実施する
  • セミナーを開催する

青少年奉仕委員会

  • 青少年交換プログラムを継続的に実施するための体制を整備する
  • インターアクトクラブの活性化を推進する
  • ローターアクトクラブの活性化を推進する
  • RYLAプログラムを実施する

ロータリー財団委員会

  • ロータリー財団100周年の祝賀を中心となって計画し、実施する
  • ポリオ撲滅の活動に協力する(目標:一人年間2,000円)
  • 年間一人15,000円の年次基金寄付を推進する
  • 補助金の適正な管理を推進する
  • 財団セミナー、補助金管理セミナー等を開催する

米山奨学委員会

  • 米山奨学金活動を実施する
  • 年間一人15,000円の寄付を推進する
  • PHD協会等の地区固有の活動を支援する
  • セミナーを開催する

学友委員会

  • 学友会活動の活性化を推進する
  • 学友の地区およびクラブの行事や事業への参加を推進する